こんばんはサイクルゲート多摩川です。

今日は、ホイールオーバーホールの日でした。
CAMPAGNOLO×1本、VISION×2本、全て後輪。

IMG_1397

このところ、ホイールオーバーホールの依頼が多く、バラしては組み付けを繰り返しています。特に後輪は構造上、消耗が激しいですね。

CAMPAGNOLO、SHIMANOは、CUP&CONE方式なので洗浄グリスアップと慣れた作業ですが、昨今のカートリジベアリングや、特殊規格のベアリング交換は試行錯誤な所が多く、特にフリーボディのベアリング交換は、難儀な事があります。

画像左はカーボンチューブラーのmetron55SL、画像右はアルミクリンチャーのtrimax35KB、どちらも1年程使用して主にフリーボディのベアリングがNG。ラチェット洗浄と共にベアリングフル交換コースでした。

VISIONのホイールは、走りも良くとても好評ですが、標準のベアリングに半カートリッジのスラストタイプを採用しているので、玉当たり調整が可能ながら、調整が非常にシビアなところと耐久性に若干….

今回は、高性能の某社ベアリングに交換して、非常にスムーズな回転性能を手に入れ、戦闘能力が更にUP!

と、trimaxのユーザーさんは、レーサーではありませんでした。でも、週末ライドでもスムーズな回転は威力を発揮します。

意外に放っておきがちな回転部分、ザラついていたり、回転渋くはありませんか?気持ち良いサイクリングには、性能維持の定期的なメンテナンスや、オーバーホールが重要です。
ホイールを長持ちさせる為にも、ダメになる前にご相談下さい。

IMG_1398 IMG_1396 IMG_1395