今晩は、サイクルゲート多摩川です。

今日から令和ですね、このフレーズ、何回耳にしたでしょう?
令和という響き、既にしっくりきているのは昭和生まれだからでしょうか。

さて、令和第1号のフィッティングは、CHERUBIMユーザー様でした。

とてもオシャレなカラーと、BP4のハンドルが拘りの高さを醸し出していますね。

このハンドル、気になっており、取り寄せようか迷った時期もありましたが、実際に使用している方は初めてお会いしました。

ヒルクライムに特化した握り心地のようで、アップハンドルを多用する登り好きの方に良いのではないでしょうか?

ポジションと同時に、ペダリングも変わりました。新元号と一緒に心機一転、これからも愛車と一緒にサイクルライフを満喫してください!