フィッティングのお話し

38071738_2125116751091092_7683255111639891968_o

個々のサイクリストの乗車ポジションや、ペダリングを、理想のかたちに近づけ、身体に負担の少ないポジショニングを追求するバイクフィッティングですが、サイクリストの身体の状態に合わせ、時にはイレギュラーな調整も行ないます。

今回は、ヒルクライムを中心に積極的に参加され、定期的にポジションチェックを行なってきたお客様ですが、今年に入ってから右足に違和感があるということで、全体のポジショニング調整は行なわず、ペダリングチェックを行いました。

元々、左足はキレイなペダリンが出来ておりますが、右足には身体全体の歪みも原因になっていると思われる癖があります。歪み自体を取り除く努力や意識は必要ですが、今回は、身体の歪みを考慮して、ペダリングに伴う調整を行いました。
クリート位置と、シューズ踏み面の角度調整、サドルの向き調整など、約1.5時間です。

通常は、クリートの位置やローテーション、場合によってはクリートシムやインナーシムによる調整が主で、サドルの向き調整は、あまり行ないませんが、身体の状態によっては、改善が見られる場合もあります。
あくまで、現状の身体の使い方を考慮したポジショニングであり、今後のメンテナンス如何では、変化する可能性もあります。サドル角を変更すると、腰痛や、膝痛といった症状を引き起こす可能性があるので、客観的、主観的に、様子をみながら行なう必要があり、安易に急激な負荷をかけるのは避けたいところです。

サイクルゲートでは、個々のサイクリストの骨格や、身体の柔軟性、体力レベルを考慮して行なう本格的なバイクフィッティングを提供しています。併せて、ペダリングの軌道チェックや、アドバイスも行ないます。

特に、ポジションが定まっていないこれから始めるエントリーサイクリストの皆様におススメしたいです。

サイクルゲートのフィッティングは、ポジショニングや、ペダリングレクチャーなども入りますので、少々お時間がかかりますが、興味がありお時間の許す方は、お問い合わせください。

サイクルゲートのフィッティングプログラム「GATE_BIKE FITTING」は、 下記リンクをご確認ください。
https://p-v.jimdo.com/bike-fitting/フィッティングプログラムはこちら/

 

38036879_2125116741091093_6648485056379617280_n